9月14日に北海道の安平町に下水道のクイックプロジェクトの施設見学に行ってきました、工期と費用の大幅な削減が見込める画期的な計画です。

8月26日と27日に福岡県宗像市にて防災士養成カリキュラムを受講いたしました。

一口にハザードマップといっても、様々な自然災害を対象としたそれぞれの種類が有ります。その被害想定の結果を見て安心感を持つことも危険であり、あくまでも想定であるため誰もが自助、共助の意識を持ち、災害に備えることが重要で有ること等、学び続ける必要性を確認いたしました。

8月の3日と4日に東京ビッグサイトで開催されておりました下水道展と災害トイレフォーラムに参加して来ました。

日本トイレ研究所企画の災害時のトイレ下水道フォーラムで、生活再建の知識の備えや災害時のトイレ対策を聞いて、改めて災害に備えて準備が必要だと思いました。

下水道展の場内では弊社の隣接業界である下水道の役割や重要性を示す展示が有り、各ブースではその社会インフラを支える現在の最新工法、技術が学べました。

災害トイレフォーラムの展示場の中には、格段に進歩した災害用トイレとその附帯商品が数々が有りましたが、中でも秀逸と感じたものは(株)ビー・エス・ケイ様の仮設トイレでした。

7月23日佐山地区 須川公会堂にて佐山地区防災訓練に向けた研修会に参加させていただきました。

 危機対応イマジネーション・トレーニングを経験し具体的な想像をすることで在宅時の心掛けが変わります。

6月26日 国立オリンピック記念青少年総合センターで行われた、レジリエンス認証説明会に参加してきました。

内閣官房国土強靭化推進室 吉田参事官による、国土強靭化の取り組みと認定制度の説明と芝浦工業大学 システム理工学部 増田准教授による、事業継続の取り組みと組織のレジリエンスの講演を受けてきました。BCPは策定済みなので、今後はレジリエンス認証の取得を目指していきます。

やまぐちエコ市場環境セミナーに参加致しました。

大規模災害時の災害廃棄物処理対策についてのプログラムで、内容としては廃棄物処理業者による災害廃棄物処理と船舶を用いた災害廃棄物処理について学びました。

去る3月17日に水再生システムの現場研修会を実施いたしました、現在の浄化槽の処理能力と耐震性及び経済性から今後も社会的財産として保全しようと協議の上で合意しました。

東京一ツ橋の如水会館にて一般廃棄物の現状と課題に関する研修会に参加してきました。

フクラシア品川クリスタルスクエアにて、環境省主催の自然地域トイレし尿処理技術セミナーに参加しました。

JARUS主催の農集排維持管理研修会に参加致しました。

浄化槽技術管理者講習を受講いたしました

全国の農集排施設の老朽化とそれに伴う統廃合、延命化を図るためのストックマネジメントの推進等を学びました、私どもも微力ながらも協力していく所存です。

浄化槽技術管理者講習会テキストを編集なさっている豊橋技術科学大学工学部エコロジー工学系教授の木曽祥秋先生へ直接質問する機会があり、日頃の疑問を解消することができました、今後の業務に反映して環境への負荷削減も視野に入れた浄化槽管理を心がけます。

災害時のトイレ・し尿処理研修会に参加してきました。

講演1 災害時の避難所運営・トイレ管理

講演2 避難所の環境衛生管理~感染症から身を守る

講演3 熊本地震に学ぶ今後のトイレ対策

 3名の各専門家の方のお話を伺うことができました。私の認識としては災害時のトイレの設置や管理のみを念頭に置いて参加したのですが、実際の被災時の環境は近視眼的な見方では足りず付帯する事前のトイレ計画、感染症予防や仮設トイレの問題点などが関連しあっており認識を改めるきっかけを受け取れました。

日東工器株式会社メド―事業部さんの講習会を受講いたしました。ブロワ―に関する思いを伺えた貴重な時間でした。

安永エアポンプ株式会社さんの講習会を受講いたしました。改めて浄化槽ブロワ―の点検要領、注意点を学べて実りある時間となりました。

優良産業廃棄物処理業者育成支援講習会に参加してきました。

滋賀県環境整備事業協同組合主催の廃棄物処理推進大会に参加してきました。

災害トイレ衛生管理講習会にて 各参加者の災害時のトイレ計画を発表

廃棄物適正処理推進大会 

一般廃棄物処理計画と合理化特別措置法について